パンプスの嫌なニオイの原因&おすすめ消臭対策!

靴を脱いで足が痛そうな女性オフィスワークをする女性にも欠かせないパンプス。
しかし1日中履いていると、パンプスの中はとても蒸れやすい状態になっています。

夕方ともなると、なんだか臭う気がする…。なんてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?パンプスの中がいつも蒸れているなんて女子力も下がってしまいますよね。

そんな悩みを持っている方に、ニオイの原因や対策についてご紹介したいと思います。

パンプスのニオイの原因って何?

パンプスの中が臭くなってしまうのは、「蒸れ」による雑菌の繁殖が主な原因です。
1日中パンプスを履いていると、蒸れを感じることがあるかと思いますが、それもそのはず。

実は、足から分泌される1日の汗の量は、なんと両足合わせて『コップ1杯分』とも言われているのです。

あまり汗をかかないタイプだという方でも、知らない間に汗をかいているものなのです。
そしてさらに、この足から出る汗とともに問題となるストッキング。

ストッキングは靴下と違って吸水性がないので、汗を吸収されずにパンプスの中で留まってしまい、「蒸れ」が発生します。
この高温多湿の状態がパンプスの中で起こってしまい、雑菌には居心地抜群の環境ということで二オイ菌がどんどん発生し、夕方には臭いパンプスが出来上がってしまうというわけです。

パンプスのニオイを解消するおすすめ対策

パンプスを履く前に、汗をかくことが原因なら汗をかくことを抑制しましょう!

仕事中の対策

デスクワークの方は、仕事中はスリッパに履き替えましょう。
もちろん席から移動する時はパンプスに履き替えますが、デスクワーク中だけでもスリッパに履き替えると随分違ってくるものです。
実行できそうな環境であればぜひ試してみてください!

仕事終わりの対策

パンプスの中で発生した雑菌を、殺菌して乾燥しておくことが大切です。
まずは、靴専用の除菌スプレーなどで除菌。その後、靴用の乾燥材を入れておけば完了!

でも、たまには丸洗いしてスッキリしたい!なんて思いませんか?
そんな時は、靴専用の洗剤を使用して洗うことができるものもあります♪本革のパンプスの場合は本革専用の洗剤を使うようにしましょう。

洗った後はよく乾かすこともポイント!しっかり乾燥させておかなければ、カビの原因にもなるしニオイの原因にもなってしまいます。
たまにはパンプスもスペシャルケアをしてあげて、気になるニオイをスッキリさせてみるのもおすすめです。